アシックス

オニツカタイガーアシックス鬼塚喜八郎氏死去
大手スポーツ用品メーカー、アシックスの創業者、鬼塚喜八郎(おにつか・きはちろう)会長が29日、心不全のため死去した。89歳。
 大正7年、鳥取県生まれで、兵役後の昭和24年、前身となる鬼塚商会を神戸で創設。52年に衣料メーカーのジィティオ、ジェレンクと合併しアシックスに改称。スポーツ用品の大手の一角に引き上げた。特にシューズで強さを発揮し自身がデザインした「オニツカタイガー」は大きな人気を博したほか、最近ではファッション性の高さからも見直されされている。マラソンの高橋尚子選手、アテネ五輪優勝の野口みずき選手、メジャーリーグのイチロー選手のシューズも手がけた。
 平成4年から同社会長。世界スポーツ用品工業連盟で2回、会長を務めるなど業界の要職を歴任。17年7月には、87歳で日本バスケットボール協会の会長に選出され世間を驚かせた。


バレーボールシューズ●アシックス TVR144-0150・ローテリブレFL II●ホワイト×ネイビーブルー/19.0・20.0・21.0-25.0cm
ミッドソールの母趾球部周辺に低硬度のE.V.A.を配置することで、素足のように曲がりやすいやわらかさに加えて、ジャンプでの踏み切り時や着地時にかかる衝撃を緩和します。ビギナーやジュニア、ママさんにおすすめしたい、足にやさしいシューズです。PLAYERTYPE●ビギナー●ジュニア


アシックス サッカースパイク LETHAL TIGEOR IT(リーサルティグレ オール IT)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。